「食べたい!」と思わせるには?

try-bacchis-tahoe-1
飲食店では、WEBを取り入れて
お店の自慢の料理を紹介しているところも多いと思います。

こだわりの食材を使っているところもあれば、
シェフ自慢のオリジナルメニューなどがあるお店もあるでしょう。

「この料理を、どうすればもっと多くの人に伝えられるのだろう?」
と思っている方もいると思います。

そんな時には、動画を用いることもおすすめですよ。

目次

1. 「食べたい」と思わせる動画作り

2. 料理の音も大切

3. 編集は難しい・・・

1.「食べたい」と思わせる動画作り

WEBを取り入れている飲食店の中には、
「食べたいと思わせるためには、どうしたら良いのだろう?」
と頭を抱えている方も多いと思います。そんな時には、やはり動画がおすすめ。

動画であれば、写真では伝わらない
料理の魅力を届けることが出来ますよ。

ダウンロード

2.料理の音も大切

「食べたい」と思わせるためには、
調理時や出来上りの音などを伝えることもおすすめ。

調理の際には、「ジューッ」といった音がありますし、
お皿に盛ってからはアツアツで出来立ての音があります。

こういった音というのは、
「美味しそう」「食べたい」
という思いをダイレクトに駆り立ててくれますよ。

opener-healthy-restaurant-foods-ss

3.編集は難しい・・・

動画というと、「難しそう」と思われる方も多いと思います。

動画を撮影するとなると、
編集などが必要と思っている方が多いと思います。

しかし、料理を伝えるためには編集をせずに、
作っている過程などを撮るだけでも十分効果があります。

「ちゃんとクオリティの高いものが欲しい!」
という方は、是非弊社までご連絡ください。

グルメムービーのプロカメラマンが
撮影・編集まで全て行います!
Photographer on Video Conference Call

お店の料理を紹介したいと考えている方は、
こういったポイントをおさえながら
動画を取り入れてみませんか。

動画であれば、より料理のおいしさを伝えることが出来、
「食べたい」「このお店に行きたい」
と思わせることが出来るはずですよ。

飲食店WEB戦略8つの極意

WEBを使ったお店の集客・販促にお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。

ご相談・お問い合わせ

日刊講座登録はこちら