新規集客に効果的なグルメサイト!Rettyでフォロワーを増やす方法とは?

こんにちは。

本日もまたまたRettyについてのトピックです。

Rettyは従来のグルメサイトとは違い、SNSとしての使い方ができる新しいツール。
SNSを利用するとなれば、やはり気になるのが「フォロワーの増やし方」ではないでしょうか?

「自分の投稿を一人でも多くの人に見てほしい!」
「食の好みが合う人ともっと交流したい!」
そのように考えるユーザーも少なくはないですよね。

というわけで、本日はRettyでのフォロワーの増やし方についてお話したいと思います。

目次

1. ユーザーが求めている情報を投稿する

2. 他のユーザーにも積極的にアプローチ

3. ジャンルを絞って投稿する

1.ユーザーが求めている情報を投稿する

フォロワーを増やすには、とにかく投稿しなければ何も始まりません。
まずは、自分が訪れた飲食店のレビューをどんどん投稿しましょう。
そうすれば、そこから徐々に他のユーザーからの『いいね』や『行きたい』が付くはずです。

投稿に慣れてきたら、内容をブラッシュアップしてみましょう。
「美味しかった」「コスパが良い」といった内容も、読者にとっては参考になりますが、人気ユーザーになるためには、もう一歩踏み込んだレビューがあればなお良し。

ユーザーが他にどんな情報を知りたがっているかを想像し、書いてみましょう。
例えば、そのお店を利用したシチュエーションや、値段感をりかるにレポートするのもいいかもしれません。

また、写真の質がよければ人気もアップします。
少しこだわって撮影してみるのもおすすめ。

2.他のユーザーにも積極的にアプローチ

こちらはInstagramやTwitterでフォロワーを増やしたい場合にも有効なテクニック。
自分から、他のユーザーへどんどん積極的にアクションしていくのです。

フォロワーの多い人は、他の人へ積極的に「いいね」をしている傾向があります。
「いいね」をされると、悪い気はしませんよね。
それに、「どんな人がしてくれたのかな?」と、プロフィールをチェックしたくなりませんか?
そして、自分のページへ誘導し、興味を持ってもらえたらフォロワーにつながるのです。

また、「いいね」を押すことももちろん有効な方法ではありますが、投稿に対してコメントすると効果はUP。
なぜなら、単純にいいねよりコメントの方が、してくれたユーザーへの好感度と親密度が上がるからです。

また、他のSNSと同じように、Rettyにもフォローバック(フォロー返し)という文化があります。
なので、自分から積極的にフォローしにという方法もおすすめ。

とにかく、フォロワーを増やしたいのであれば、受身ではなく自分から積極的にアピールすることが一番の近道と言えるでしょう。

3.ジャンルを絞って投稿する

こちらの方法は少し上級編。
でも効果はかなり期待できますよ。

Rettyには「トップユーザー」という制度があり、これはある特定の地域・ジャンルに特化した人気ユーザーに与えられる名声です。

例えば、難波のグルメに詳しい人、カレーに詳しい人・・・とい+ったように、ひと目で得意分野が分かりやすいユーザーは、フォローされやすい傾向にあります。

また、Rettyには同様に各ジャンルや地域のランキング制度もあります。
『総合』と『月間』の2つの部門に分かれており、それぞれで行きたい獲得数と投稿数でランキングされています。
そのランキングで紹介されることにより、ほかのユーザーからの目にも留まりやすくなり、そこからフォローしてくれる場合も多いです。


いかがでしたでしょうか?

身内だけでこじんまり楽しむもよし、多くのフォロワーと情報交換しながら楽しむもよし、自分の好みに合った楽しみ方をしてみてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 2017年を飛躍の年にしたいあなたへ ★

【無料公開・ムービー講座】
飲食店WEB戦略8つの極意。

今スグ、こちらから入手ください。
http://hospitason-web.com/lp/mail-magazine/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店ハイブリッドウェブサポートチーム」のスタッフが書いています。
ハイブリッドウェブサポートチームでは、飲食店でウェブ・SNSを活用した集客方法をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店ウェブ・SNSの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
完全無料!勝田耕司のノウハウ配信中!!登録はコチラ 

飲食店WEB戦略8つの極意

WEBを使ったお店の集客・販促にお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。

ご相談・お問い合わせ

日刊講座登録はこちら