時代に乗り遅れるな!初心者がおさえるべき飲食店動画のポイント

こんにちは。
ホスピタソンのWEBライター文です。

昨日、飲食店LINEでの動画活用方法をご紹介しました。
今や動画を使わないというのは大きな機会損失ですよね。

ですが、「初心者だからわからない!」とお悩みの方も多いかもしれません。

ということで、今回は原点に戻り初心者が押さえるべき最低限のポイントについてお話したいと思います!

目次

1.まずは素材集めから

いざ動画を撮ろうと思い立ったとき、「ただ料理を撮れば良い」「お店の中を写せば良い」と考える方も多いと思います。
もちろんそれも正解なのですが…

動画を撮る際には、まずは一度料理やお店の中を撮影し、その素材を整理していくことが必要となります。
素材とは、完成した動画の元となるパーツと考えていただくと分かりやすいと思います。

撮った動画をそのままひとつの作品として利用するのも良いですが、少し完成度の高いものを目指すのであれば、いくつかの動画(素材)を繋ぎ合わせて編集をした方が見やすいですよね。

素材と言われると、なんだか専門用語っぽくて難しい印象がありますが、お店の様子や料理の写真、はたまたインテリアなど…
あらゆるものが素材となります。

撮影時にはどのタイミングでどのシーンを使いたいのか、完成した動画をイメージしながら撮っていくことが大切です。
たとえば、「オープニングは料理のアップで注目を集めたい!」や、「スタッフの働いている姿をメインに撮りたい!」など、構想があると素材選びで悩むこともありませんよ!

2.動画の肝はオープニング!!

さて、動画を作成する際には、いかに視聴者に興味をもってもらえるかがポイントとなってきます。
せっかく作った動画を見てもらえないのは悲しいですもんね。

そして、動画を見てもらえるかどうかの…
その肝はオープニングなんです!!

答えは単純です。
スタートした段階で興味がなければ、最後まで見てもらえることはほとんどないからです。

インターネットの普及により、現代人は簡単に自分の得たい情報を取捨選択できるようになりました。
興味がないとなれば、次へ、また次へ…とどんどん情報を切り捨てていくことが当たり前の時代です。

なので、最後まで情報をしっかり届けたいと思うと、やっぱりオープニングには最も注力すべきと言っても過言ではありません。
「続きを見てみたい!」と思わせる仕掛けが必要となります。

ちなみに、効果的と言われているのは、最初に動画の山場を持ってくるという方法です。
一番綺麗なシーンや、ストーリー性のあるものであればぐっとくるシーンを冒頭に持っていきましょう。

3.BGMで盛り上げる

そしてこちら!!
とっても大事なポイント!
ずばり、BGMです。

動画を編集する際には、BGMを取り入れると動画のクオリティがぐっとあがります。
しーん…とした動画よりも、やはりBGMがあった方が雰囲気が出ますし、ユーザーにとっても見やすいですからね。

BGMを選ぶ際には、著作権に注意しながら曲選びをしていくことも大切。
Youtubeなどにも著作権フリーの音声が沢山ありますので、上手に選びたいですね。

カジュアルなお店ならアップテンポ、落ち着いたお店ならしっとりした曲を…というふうに、お店の雰囲気にあった曲を選び、動画を盛り上げていきましょう。

動画を作成する際には、初心者の方の中には「難しい」「ハードルが高い」と思われる方も多いと思いますが、こういったポイントを抑えることが出来れば、初心者でも素敵な動画を作ることが出来ます。

まずは、伝えたいものを撮り、その後使いたい場面などを選択していくことで、動画の流れなども見えてくるはずですよ。

一度絵コンテを描いてみたりするのも有効ですね!
ぜひ、試してみてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 2017年を飛躍の年にしたいあなたへ ★

【無料公開・ムービー講座】
飲食店WEB戦略8つの極意。

今スグ、こちらから入手ください。
http://hospitason-web.com/lp/mail-magazine/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店ハイブリッドウェブサポートチーム」のスタッフが書いています。 ハイブリッドウェブサポートチームでは、飲食店でウェブ・SNSを活用した集客方法をわかりやすくアドバイスしています。 飲食店集客や飲食店ウェブ・SNSの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。 完全無料!勝田耕司のノウハウ配信中!!登録はコチラ