SNSに投稿する時のライティングのコツ

こんにちは。ホスピタソンのWEBライター中山です。

飲食店様がSNSを活用する時に、「何をどのように書けばいいのか」という疑問の声を聞きます。仕込みや接客などで忙しいなか、SNSやLINEで投稿するための記事を書くのは、とても大変な作業です。しかも、集客につなげるための記事を書くとなると、相当頭を悩ませてしまうことでしょう。

そこで今回は、SNSを使って集客をする上で、覚えておくと役に立つ、書き方のポイントについてご紹介します。

目次

1.投稿する時間帯は?

記事を書く時に、LINEやFacebookなどに投稿する時間帯を気にしていますでしょうか。一般的に、記事が読まれやすい時間帯はお昼休憩中の12時頃と、夜に眠る前の22時頃だと言われています。

ちなみにFacebookだと実名なので、いいねをしてしまうと知り合いが見ている可能性があるため、お昼休憩中に閲覧数が増える傾向にあります。

また、LINEは寝る前のまったりしている時間に閲覧数が増えることがわりと多いです。

このように、SNSの種類によっても違いはありますが、人間の1日の行動パターンを考えてみれば、いつ投稿するのがいいか自然と予測がつくでしょう。

より多くの人が見るであろう時間帯に投稿した方が、たくさんの反応を得やすいのです。

2.年代によって違いはあるの?

平成27年版の総務省の情報通信白書によると、各国によってSNSの普及率に違いがあり、日本では特にLINEの普及率が高いとされています。

なお、全体的に年齢が高くなるほど普及率は低下していきますが、Facebookは他と比べて、比較的幅広い世代に利用されています。LINEは若い世代の人に多く利用されており、実名登録で人とのつながりを楽しむにはFacebookが利用されているという状況です。

つまり、気軽につながりを求めるのが若い世代で、リアルでもしっかりとつながりを持っている人とのやり取りを楽しむのがその上の世代というわけです。

このように、国や世代によってSNSの使われ方が異なるので、飲食店様の場合は顧客層を見極めてから、情報発信することをオススメします。

3.記事を書く時に一番気をつけることは?

SNSの記事を書く時に最も気をつけたいのが、タイトルの付け方です。ひと目見て、すぐに記事の内容を想像できるか?これは、意外とできていない人が多いです。

いくら素晴らしい内容の記事が書かれていても、タイトルが響かなければ誰も読んでくれません。いい記事を書くのと同じくらい、いやそれ以上に「続きが読みたくなるタイトル」をつけるのが重要です。

例えば、居酒屋について調べている時に、「今日オレはすごいことをしてきた」というようなタイトルがつけられていたら、クリックして続きを読んでみようと思う人がどれくらいいるでしょうか?

これでも完全にダメだというわけではありませんが、居酒屋について書くのであれば、タイトルに「居酒屋」という単語は入れておきましょう。その方が、読む方にとってはぐーんとわかりやすい記事になります。

また、タイトルはしっかりしていても、反対に記事の内容が薄いことがあります。そういう時は、記事に関連キーワードがしっかり入っているか確認してみましょう。

「居酒屋に行った」と書くだけでも、関連キーワードが入っているのがわかりますよね。しかし、内容の薄い記事というのは、すぐに話しがそれてしまって、「居酒屋」「お酒」「生中」などのようなキーワードがあまり使われていないのが特徴です。

4.顔文字や絵文字を使った方がいいの?

これは人それぞれですが、集客を目的にするのであれば、できるだけ文字の情報を入れた方がいいです。なぜかというと、お客様は顔文字や絵文字といった記号を見に来ているのではなく、飲食店の情報を求めてネットをさまよっているからです。

顔文字に頼らずに、文章で情報を届けるのだと念頭に入れておきましょう。ただ、文字ばかりも味気ないので、
たまに顔文字を入れてあげると可愛らしい印象にはなります。

5.文章の量と質、どちらが大事?

これは、ハッキリ言ってしまうと「両方」です。文章がいくら上手でも、50文字しか情報がなければ、ユーザーにはどんなお店なのか伝わりません。

内容の薄い記事を1日の間に何度も投稿するよりも、1つの投稿できちんと内容の濃いものを意識して書く方がいいです。

6.画像は何枚入れればいいの?

これは、1記事につき1枚あれば充分です。あまり画像を入れすぎると、文字が少なくてスカスカの記事になるからです。

それでも多く入れたい場合は、一緒に載せる文字数も増やすことを意識してみましょう。プロ並みでないと…と気負わずに、自然な写真を入れるようにすればOKです。

いかがでしたでしょうか。

このように、ちょっとした知識をあらかじめ覚えておけば、SNS記事の反応率を高めることもできます。

逆に毎日何投稿もしている場合は、知らない間に、せっかくの努力が無駄な労力になっているかもしれません。こうした知識を正しく活用して、お客様のもとに情報を配信していきましょう。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

ホスピタソンコラムでは、飲食店に特化したWEBやSNSの活用法をわかりやすくご紹介しています。
集客でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。