LINE@の上手な活用術

皆さま こんにちは。

LINE@を活用したことにより、成功している飲食店は多くあります。その中でも、友だち数1万人超えをしたという飲食店の事例紹介をしていこうと思います。

こういった成功例を見習うことにより、良い方向に向かうことが出来るかもしれないですね。

 

LINE@導入の経緯

お客様に主婦が多くて、その層がLINEを使っているのかが気になったそうです。でも同じような年代の女性スタッフに聞いてみたところ、皆使っていますという返事でした。

それなら使える!と思い導入を決意したそうです。

小規模なお店でも、うまく利益を出していくためには、販売促進が必要と考えました。そのために独自の販促ツールを作りたいと思っていたそうです。

でもそれには費用がかかるということで、悩んでいた時にLINE@の存在を知り、導入をしようということになったのです。

友だち集めの方法

運用は本社のスタッフの人がしています。決まった形での毎週の配信をしているのです。わりと簡単なので、作業時間は10分程度しか、かかっていません。

内容もスタッフが考えて、それを社内で確認してから配信をするという流れになっています。

 

導入後の効果について

毎週クーポンの配信をしていますが、回収率は35~40%程度もあるそうです。1日50~70人の人がクーポンを提示してくれるということですから、かなりの確率でLINE@のメッセージが広がっていることになります。

こういったことが成功につながっているんですね。最初は摸索をすることもあるかもしれませんが、その店に合うようなやり方を見つけながら、LINE@を活用して販売促進につなげていきたいですね。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。