Facebookを利用しないと損!始める時にやるべき3つのこと

こんにちは。ホスピタソンのWEBライター中山です。

外出時の持ち物リストの中でも欠かせないのがスマートフォン。そのスマートフォンで、SNSを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

電車を待っている間、夜に眠る前のちょっとしたひとときなど、ついついFacebookをチェックすることも多いかもしれません。そこで今回はSNSの中でも、Facebookに焦点を当ててご紹介していきます。

Facebookは、今や世界で13億人以上が利用しているソーシャルメディアです。そのうち、毎日Facebookを利用しているのは7万人といわれています。

ほかのSNSとの違いは、リアル社会で関わりがある人と深くつながるというところ。クラスメイトや旧友など、現実世界で親しみが深かった人たちとつながりになるのが特徴です。

現在も親交がある知り合いの人たちともつながれますし、例えば引っ越しをして疎遠になってしまっても、名前で検索すればすぐにその人を見つけられることが多いので、再び出会うきっかけにもなります。

そのほかに、趣味で知り合いになった人や、同じアイドルのファンなど、共通の話題を持つ人たちとの交流ができるのです。また、こういった人たちとFacebookのメッセージでやり取りをすることができます。

このように、利用者間同士の距離を縮めることができ、離れた場所にいてもつながりを感じられるのです。

Facebookでは、個人で情報を発信しながら、複数のコミュニティを形成したり、コミュニティに属したりすることができます。

対万人に個人で情報を発信するよりも、コミュニティ内で意見を発信する方が、より濃い反応を期待できます。そこから、オフ会と呼ばれるリアルな交流会も発生したりするので、価値観を共有できる新たな知り合いと出会うことも可能です。

ただし、リアル社会でつながりがある人よりも、Facebook上で知り合った人たちとの関係性は希薄ですから、消費行動を目的にする場合、改めて絆を深めていく必要があります。

所属するコミュニティを探したい時は、Facebookのグループを検索してみましょう。そこに同じ趣味や興味を持つ仲間がいるはずです。それで見つからなければ、自分でグループを作ってしまいましょう。

新たなサービスや商品の企画を思いついた時も、Facebookのコミュニティですぐに反応を見ることができます。そこで好評ならすぐに実行できますし、不評なら練り直すという時間と費用のロスを防げるメリットがあります。

このように、効率的に情報収集ができるのも、Facebookの魅力だといえます。多くの人は、人との交流と情報収集を求めて活用しています。

目次

1.アカウントの登録

Facebookに登録するには、姓や名前、メールアドレス、性別や生年月日などの登録情報を記入して、アカウント登録ボタンをクリックします。

その後、友だちを検索するなどの表示が出てきますが、今は必要ないので、これをスキップして先に進みます。

先に進んだら、もう一度氏名とフリガナを入力します。この時、漢字で登録した方が、検索された時に見つかりやすくなります。

その後、保存して続行をクリックし、登録したメールアドレスの認証を終えたら、ひとまずアカウントの登録は完了です。勤務先やプロフィール画像などは、後から追加すればいいので問題ありません。

2.参加したいグループを探す

検索窓に気になるキーワードを入力しましょう。入力している時点からすでに候補がいくつか出るので、その中からグループをクリックして詳細を見てみましょう。この時、非公開グループは表示されません。

気になるグループがあれば、「グループに参加する」をクリックして、リクエストが承認されるのを待ちます。承認されたら、晴れてメンバーの仲間入りです。すでに参加している人たちと楽しい交流を行なってください。

また、友だちをグループに招待することも可能です。まず画面上部の「ホーム」をクリックして、左下の「グループ」をクリック。その後に、友だちの名前を入力し、グループに誘いたい友人の名前をクリックします。

3.グループの管理人になる

グループを作るのに制限はなく、誰でも作ることができます。

まず画面上部の「ホーム」をクリックして、左下の「グループ」をクリックして、「グループを作成」をクリックします。

そこでグループ名の作成や、友だちの登録などの項目があるので、それを埋めていきます。この時、公開と非公開も自由に選べます。

管理人になると、公開範囲を設定できたり、参加リクエストを受け付けたりして、参加メンバーを管理することができるので、便利に使いこなしていきましょう。

いかがでしたでしょうか。

リアル社会でもつながりが深い人や、引っ越しをして疎遠になってしまった人などとも交流を続けられるのが嬉しいところですよね。

また、自分が興味があるグループに参加することもできますから、リアルでつながりがある人だけでなく、新たな出会いも期待できます。さらに、何か新商品や新サービスについて配信した時に、すぐに反応が見られるのがいいところでもあります。これからはFacebookを集客にも役立ててみてくださいね。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

ホスピタソンコラムでは、飲食店に特化したWEBやSNSの活用法をわかりやすくご紹介しています。
集客でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。