年末に向けての下準備!改めて確認したい5つのポイント

こんにちは。ホスピタソンのWEBライター中山です。

すっかり涼しくなってきましたが、夏の疲れは残していませんでしょうか。少し気が早いですが、今回は飲食店様が繁忙期を迎える年末に向けて、今だからこそ改めてチェックしておきたい5つのポイントについてご紹介します。

目次

1.女性客に優しいお店づくり

女性客は、バッグを地面に直接置くのを嫌がることがあります。

そういう時のために、各テーブル席に荷物置き用のカゴを置いておいたり、足元が冷えないようにひざかけを置いておいたりすると、女性客に優しいお店となります。

また、お手洗いに綿棒や油取り紙などのアメニティグッズを充実させておくのも効果的です。

女性客は、男性客と比べて非常にシビアに店内をチェックしていますが、反対に気に入ってもらえると、単価も来店頻度も高いお客さんになってくれます。なぜなら、女性が入りやすいお店というのはそこまで多くないからです。しかも、写真映えするメニューがあれば、インスタなどで拡散も狙えます。

メルヘンな雰囲気など、明らかに女性客がターゲットのお店は別にして、女性客が入りやすいお店は、男性客にとっても入りやすいお店なのです。

これはユニバーサルデザインにも通じる考え方で、その時々で、使いやすい人が多くなるようにするというのが理想のお店です。

2.健康に配慮したメニュー

毎日のように外食をするお客さんも、その多くは、できれば健康的な食事をしたいと願っています。どこで作られたかわからない野菜よりも、産地直送の新鮮な野菜などを食べたがっているのです。

しかし、ヘルシーさを意識したメニューを置いているお店は少ないのが現状です。小さなサラダをつけてみても、反応はいまひとつ。では、どうすればいいのかというと、メニュー全体を見直してみることです。

いきなり野菜中心のメニューにするのは無理でも、できる限りヘルシーなメニューであれば、「体にいい」というイメージがつくので、毎日でも通いやすくなります。

すでにこだわりのメニューがあれば、お店のブログやSNSなどで迷わず発信しましょう。イメージだけでなく本当にヘルシーなものを提供するのが重要で、そういう姿勢がお客さんを魅了するのです。

3.固定客には相応のサービスを

近所の焼肉屋さんの話。開店直後なのにすごく混んでいて、オーダーした品が届くまで少々時間がかかりました。急いでいないので気にしていませんでしたが、放置されている感じがして、少し寂しかったのを覚えています。

それに気付いたのか、「ちょっと待っていてくださいね」と、店員さんが少量のお肉をサービスしてくれました。そのお店には久々に行ったのですが、一時期頻繁に通っていたので、時間が経っても覚えていてくれたようです。

そして会計の時には他の人にはあげていないキャンディーを受け取り、とても気分が良くなって帰りました。

このように、周りのお客さんにも気を遣わない程度にサービスをしてくれると、固定客としてはとても気持ちがいいものです。接客など、基本的なサービスに違いをつけてはいけませんが、固定客には相応のサービスをするのがいい方法だと思います。

4.メニューの見直しをする

一般的に、飲食店はオープン後しばらくしたら、メニューの見直しをする必要があります。

事前にどれほど入念に調べていても、その地域において価格とメニューが適正なのかは、オープンしてからでないとわかりません。そのため、最初は少しズレがあってもいいのです。

お客さんのニーズと、既存のメニューを見比べてみて、どれが売れ筋で、どれが人気がないのか調べてみましょう。

重要なのは、肌感覚で決めるのではなく、きちんと数字で把握することです。これは売れ筋のメニューを強化して、材料のロスが多いメニューは切り捨てて考え直すというのが目的です。

また、ファミリー層をターゲットにしている場合は、子供向けやお年寄り向けのメニューは残しておきましょう。それが現時点であまりにもロスが多い時は、代わりになるメニューを考える必要があります。

5.小さなお店は出前をしよう

例えばオフィス街にお店を構えていても、貴重な休憩時間を使って食べに行こうと思う人は限られています。

歩いて5分や10分でも、往復にしたら休憩時間の3分の1は使ってしまうので、コンビニなどで買って来て済ませる人もいます。

特に雨の日などは、ランチタイムに店先に立って、「いらっしゃいませ」という呼び込みをするお店も見受けられるほど、客足が遠のきがちになります。

また、小さなお店は席数が少ないので、満席になっても売り上げの見込みが限られてしまいます。そういう状況を打破するには、出前をするというアイディアがあります。出前なら席数は関係ありませんし、「出かけなくていい」という点にメリットを感じる人も少なからずいるでしょう。

お互いにとってプラスに働くので、小さなお店は出前をすることが集客アップに効果的なのです。

いかがでしたか。お店が忙しくなる年末を迎える前に、こうしたポイントに気をつけて営業していきたいものですね。今回ご紹介した内容を是非実践して役立ててみてください。

 

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

ホスピタソンコラムでは、飲食店に特化したWEBやSNSの活用法をわかりやすくご紹介しています。

集客でお悩みの方は、お気軽にご相談ください

こんにちは。ホスピタソンのWEBライター中山です。

すっかり涼しくなってきましたが、夏の疲れは残していませんでしょうか。少し気が早いですが、今回は飲食店様が繁忙期を迎える年末に向けて、今だからこそ改めてチェックしておきたい5つのポイントについてご紹介します。