真実は?

おはようございます。
ホスピタソン勝田耕司です。

トランプ大統領が始動しました。
彼の言動に意見を言っても何も変わりません。

でも、学ぶことはできるでしょう。

例えば、昨年11月8日にトランプさん圧勝劇でヒラリーさんに勝ちました。これは、アメリカでも、日本でも、そして全世界で驚愕・衝撃だと伝えられましたね。

でも、真実は違いました。

ヒラリーさんのスピーチには、アーティストなどの有名人の支援がなければ一般聴衆は居なかった。

トランプさんのスピーチには、どの会場でも溢れるほどの一般聴衆が集まっていた。

選挙期間中、メディアを通じて我々が見聞きした情報とはギャップがあります。とはいえ、僕も選挙期間中の現地を見た訳ではありません。これも1つの情報でしかありません。

いづれにしても、今回の選挙を通じてメディアの影響力を改めて感じたのです。もし、選挙期間中の報道ではなく、今明らかになった真実を知っていたら、我々はどちらが有利か見極めることができたでしょう。

世界中を“ヒラリーが勝利する”と信じ込ませたメディアの力には驚かされます。その一方的で不完全なメディア情報以外に信じるものはなく、考えるすべも与えられませんでした。

ここまで言うと、「それは言い過ぎでしょ、、、」というあなたの声が聞こえてきますが、我々の身近なところでも「不完全な情報」に影響を受けていることを知っています。

昨年、グルメサイト「食べログ」が点数操作疑惑で炎上しました。これは、今まで期待し、信じて、影響されていたことの裏返しです。全国80万店が利用している飲食店カバー率はNo.1の口コミサイトだけに、その影響は少なくありません。

でも、“実名ではない”「食べログ」では、真実は、“炭火焼鳥なのに・・・”、口コミでは“炭火ではななかった・・・”と低い評価で投稿されている事実もあるのです。残念なことは、お客様がこの「不完全な情報」に完全に影響されていることです。

ぐるなびは40万店、ホットペッパーは30万店という、全国の利用店数と比較すると圧倒して大きな影響力をもつ「食べログ」が真実を伝えてないとしたら、どう思うでしょうか。全てではなくても、一部の“実名ではない”ユーザーによるコメントかもしれませんが、この影響力は少なくありません。

そんな中、“実名にこだわる”口コミ型のグルメサイトが注目されています。その名は、『Retty』(レッティ)。その特徴は・・・

“実名の口コミ”サイトであること。

口コミユーザー同士のつながりがあること。

点数評価ではなく、客観視した事実のコメント評価であること。

SEOに強いこと。“●●20選”というRettyのサイトをよくみるようになりました。

全国70万店をカバーしていること。※食べログに匹敵します。

と、いままでのグルメサイトの良い部分を活かしつつ、口コミサイトの課題であった“実名”にこだわっていることが信頼されている要因かもしれません。

このように、我々の外食業界でも、メディアに影響されているのです。テレビやラジオ、新聞だけでなく、ソーシャルメディアやグルメサイトという身近なものにも影響されています。

だからこそ、われわれは、「不完全な情報」ではなく、「真実の情報」を扱っていかなければいけません。

あなたのお店のライバルには無い、あなただけの「真実」を多くの人達に知ってもらいましょう。

そのために、あなたは何をしますか?

ー勝田耕司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です