飲食店社長の仕事

おはようございます。
ホスピタソンの勝田耕司です。

「スマホの普及で、生活が変わりましたよね?」

この質問に“NO”と答える人は少ないのではないでしょうか。

スマホをもつことで、ゲームやテレビ、ソーシャルメディアにふれる機会が増えたという人がいるかもしれませんし、GoogleやYahooで調べる機会が増えたという人がいるかもしれません。LINEを使う人は国内6800万人。ここだけみても、多くの方は、スマホをもつことでコミュニケーションの取り方がかわっているはずですよね。

僕は、ゲームやテレビではスマホ使いませんが、電車移動時の所要時間とルート確認で『乗換NAVITIME』というアプリをよく使いますし、交通手段が掴めない場所にいく際は『GoogleMaps』で交通手段及び所要時間とルートを調べます。飲食店物件の現地調査前の“アタリ”をつけるのに『GoogleEarth』を使うと便利です。

もちろん、GoogleやYahooの検索エンジンを使えば、調べたワードの回答としてベストなサイトをGoogleやYahooが紹介してくれます。

これらのサービスの利用法は極めて簡単。このカンタンであることが短期間普及に繋がったのかもしれませんね。

たとえば、『乗換NAVITIME』や『GoogleMaps』であれば・・

①現在地(出発)を入力

②目的地(到着)を入力

③時刻を入力

④交通手段を選択(しなくてもよい)

⑤検索

⑥すると、数種類のパターンを紹介してくれる

⑦自分でルートを選択して、目的地へ行動する

というふうに、基本は現在地と目的地という単純な項目を入力すれば、アプリが移動方法と時間・ルートを紹介してくれます。

あとは、自分がどの道を選択するかです本当に便利になりました。日本地図や時刻表を広げていた数年前とは考えられない進歩です。

さて、僕が経営者と話したり、研修会で確認することの1つに、「戦略と戦術」っていう言葉があります。どういう違いがあるか?と聞いても明確に答えられる人は少なく、曖昧に理解している人も多いんです。

でも、経営をすすめて行く上で、正しい戦略があってこそ戦術が活きる。経営の80%は戦略で決まる。とも言われていますから、戦略と戦術の違いを理解して、まず戦略をしっかりつくり上げる事が重要になります。

戦略と戦術の違いとは・・・

○戦略ってのは、将軍の術。
つまり、社長がつくる経営の方向性、作戦手引書。

○戦術ってのは、兵士の術。
つまり、社員が汗をかいて活動する実務。

って、僕はお伝えしています。
スポーツに例えてみますね。

戦略は、監督がつくる試合の戦い方、作戦です。
戦術は、監督の作戦を、選手が実行すること。

監督は、試合に勝つための戦い方を決めて、選手に納得いくように落し込みます。
選手は、監督の戦い方を勝つために実行します。

わかりますよね?
だから、社長や監督の決めた作戦書が間違っていたり、曖昧だといくら誠実に実行する選手・社員がいても勝てません。逆に社長や監督の作戦書が正しい内容であっても、選手・社員の実行度が低ければ勝てないのです。

戦略は、

①商品戦略
②地域戦略
③客層・業界戦略
④営業戦略(新規客対策)
⑤顧客戦略(既存客対策)
⑥組織戦略
⑦資金戦略
⑧時間戦略

の8項目で考えます。
特に、①から⑤を大きな意味での営業ととらえて重要度が高いのです。

飲食店でも、①〜⑤を明確にしたり、修正して、実行するだけで着実に成果が出たりします。特に、折角良い商品を提供しているのに、⑤営業戦略と⑥顧客戦略が曖昧だったり、実行してなかったりしているために苦戦している飲食店が多いことが現状です。

たとえば、接客サービスも、顧客対策という視点で、どういう接客にするかを決めて実行することが大切ですね。

とはいえ、絶対勝てる!という作戦書はなく、戦いながら(実行しながら)修正して進んでいくことが大切になります。

この戦略と戦術ですが、『乗換NAVITAIME』のように、近い将来スマホアプリで回答を得られる時代がくるのでしょうか。。。たとえばこんな感じです・・・

①まず、現状の経営状態を入力します。課題や問題、戦力、フォーメーション、コンディション、などです。

②次に、目標を入力です。1年後、3年後、10年後の目標売上や利益、会社がどうなっていたいか、です。

③そして、検索ボタンを押すと・・・

④経営戦略の提案がいくつか出てくるのです。

⑤この戦い方(戦略)のどれを選択して行動するか?を決める。

⑥実際に行動します(戦術)

このようにカンタンにビジネスの戦略が出てくる時代がくるのでしょうか?

もし、こんなアプリあったらあなた使いますか?

ん、、、

戦略をたてるために必要な情報収集では、ビックデータやAIが活躍すると便利だと思いますが、具体的な戦略(戦い方)を決めるのは、経営者・社長の仕事ですよね。

でも、戦略や戦術よりも・・・最も経営者・社長として大切なことがあります。

それは・・・

「一番最初に重要なのが理念と志。二番目に重要なのがビジョンです。そして三番目が戦略です。」(孫正義氏)

 

今日もあなたを応援しています。

ー勝田耕司

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です