あなたのお店が取材されたい“コーナー”まで研究してみよう!

こんにちは、杉本です。

これまでずっと、どうすればあなたのお店がテレビメディアに取材してもらえるか?を書いてきましたが、今回はちょっと積極的に行動を取ってみる方法を伝授します。

「自店をテレビに取り上げて欲しい!」という願い、悩み…これってよく考えると、漠然とし過ぎていませんか?

「テレビ」とひとくくりに言っても、朝の情報番組から昼の情報番組、夕方のかためのニュース番組から、ゴールデンタイムのどバラエティ、、、深夜のちょっと変わった情報バラエティ番組など千差万別です。

飲食業界に置き換えると「なんかうまいもん食べたいなぁ」と口にしている段階です。鮨なのか、蕎麦なのか、カレーなのか…カレーのなかでもチェーン店のカレーなのか、本格インドカレー屋なのか…。

つまり、どんな番組、何の番組のもっと言えばどのコーナーに取材されたいかを細分化して突き詰めていくと、新たな売り込み方が見えてきます。

例えば、深夜の情報バラエティ番組でよくあるコーナー展開「看板娘」。いわゆる美男美女店員さんに出てもらう企画。この企画自体の評価は色々あると思いますが、それは少し置いておいて。

この手のコーナーを担当しているディレクターやAD、構成作家やリサーチャーは美男美女を探しているわけで、いくら新規オープンやこだわり新メニューのリリースを配信しても見向きもしませんし、交わりません。

ハッシュダグに美人や美男、美女、イケメン店員などをつけて写真や動画をアップすることでコンタクト機会を得ます。

また、こういうコーナーは常に「ネタ不足」です。番組公式ホームページなどで必ず「皆様からの投稿、情報お待ちしています」とネタ募集しているので、投稿してみましょう。

普通の切り口で新店オープンや売り出したい新メニュー、新サービスのリリースをまくより効果的です。

「別に店員を売り出したいわけじゃないんだよ」という声が聞こえてくるのも容易に想像できますが、この取材を機会に売り込みたいこともちょっと添えてもらえばいいんです。

店員さんの取材とは言え、写真一枚撮って終わり…ではありません。店内で注文を受ける様子、テーブルに食事を運ぶ風景…色々と撮影します。そのなかでおすすめの商品を持たせてみたり、映り込ませてみたりすればよいのです。

さらにもっとも重要なことは、このようなある意味“邪道”な方法でも、テレビマンと接点を持つことです。ひょっとすると担当ディレクターがお店に訪れたとき、メニューや店内の雰囲気に興味を示し別の番組やコーナー、場合によっては知り合いの制作者に売り込んでもらえるかもしれません。「急がば回れ」です。

ほかにも情報番組やバラエティでよくあるのは、「実はこの店員さん〇〇なんです」という切り口。何かの技能大会で日本一になっているとか、元アスリート日本代表とか、エスパー伊東も顔負けの軟体の持ち主だとか…なんだっていいんです。

映像で「おっ!」と思える一芸や記録、スゴ技を持っていたら採用されやすいコーナーもたくさんあります。そんな技や特長がわかりやすい動画をどんどん発信しましょう。

お店を取材してもらうポイントは何も店舗そのものやメニューといった「ハード」だけではありません。むしろ生き様やキャラクター、プライベートの暮らしぶりなど掘り下げれば物語が作れる「人」こそ、最大の取材対象です。“人財”を有効活用しましょう。

うまくやれば「テレビで取材された!」とスタッフの自信、モチベーションアップにもつながりますよ!

ー杉本