1年で3万組が利用するWEB招待状「Weddingday(ウェディングデイ)」・・・

1年で3万組が利用するWEB招待状「Weddingday(ウェディングデイ)」「憧れ」と「リアル」を追求した結婚式・二次会を提案する公式インスタグラムアカウント開始!

結婚式・二次会トレンド情報、可愛い小物特集、DIY企画、面白ゲームなどウェディング全般のアイディアを続々配信予定

結婚式や二次会のWeb招待状サービス「Weddingday(ウェディングデイ)」(https://weddingday.jp/)を運営する株式会社canonica(カノニカ)(本社:東京都世田谷区、代表取締役共同創業者:千田弘和、安田直矢)は、この度「Weddingday(ウェディングデイ)」公式インスタグラムアカウント(weddingday.jp)を開始いたします。

 

 時代に合わせて進化を続けるウェディング業界もITの力を使うことが多くなり、WeddingTech(ウェディングテック)という言葉を多くみるようになりました。「Weddingday(ウェディングデイ)」もWeddingTech(ウェディングテック)の先駆けとして、おしゃれなWeb招待状のサービスを提供しています。さらに、インスタグラムやSNSで情報収集を行うプレ花さんも増えていることを受け、「Weddingday(ウェデイングデイ)も公式アカウント開始に踏み切りました。
二次会にこだわることなく、「憧れ」且つ「リアル」な結婚式の描写やトレンド情報、可愛い小物特集、DIY企画、面白ゲームなどウェディング全般のアイディアを幅広く配信いたします。
また、実際の花嫁さんの経験を#ウェディングデイのハッシュタグで投稿していただくことで、「リアル」な結婚式・二次会のリポストレポートもおこなっていく予定です。

———————​———————​———————​———————​———————
WeddingTech(ウェディングテック)とは
「ウェディング」と「テクノロジー」を掛け合わせ、ITや科学の力を使って結婚式を
盛り上げる商品やサービスを指します。
———————​———————​———————​———————​———————

【株式会社canonica(カノニカ)概要】
株式会社canonica(カノニカ)は、結婚式や二次会のWeb招待状を作成できるサービス「Weddingday(ウェディングデイ)」の企画・開発・運営を行っています。

「Weddingday(ウェディングデイ)」は当初、代表者である千田がエンジニアとして自身の結婚式・二次会のWEB招待状・参加者管理の為に作ったことから始まりました。パソコンやスマートフォンから簡単にアクセスが可能で、場所を問わず手軽におしゃれなWEB招待状の作成・編集、参加者管理が可能なところが特徴です。これまで紙の招待状で行っていた出欠確認をWEB招待状に置き換えることで、煩雑なやり取りをスマートにし、コスト削減を実現しています。
サービス開始以来紹介や口コミで利用者を増やし、2017年の登録ユーザー数は3万組、2018年4月時点での累計利用者数は約310万人(ゲスト回答者を含む)に達し、現在は結婚式・二次会を挙げる約10組に1組のカップルに利用頂いています。(出典:経済産業省「サービス産業実態調査」(https://goo.gl/LwjUFq)、厚生労働省「人口動態統計月報年計」(https://goo.gl/7M3JaZ)、ブライダル総研「婚姻数予測」(https://goo.gl/joksR6))

さらに2017年には、結婚式・二次会費用の事前決済を可能にする「かんたん会費支払い」機能をリリースし、WeddingTech(ウェディングテック)の浸透に注力しています。

■社名:株式会社canonica
■代表者:代表取締役共同創業者 千田弘和、安田直矢
■設立:2017年10月2日
■canonica企業サイトURL:https://canonica.co.jp
■「Weddingday(ウェディングデイ)」サービスURL:https://weddingday.jp/