トークンエコノミーによるグルメSNS「シンクロライフ」がシリコンバレー発「Plug and Play Japan」のアクセラレータープログラムBatch 1に採択決定

AIとブロックチェーン技術を活用したトークンエコノミーが導入されるグルメSNS「シンクロライフ 」を運営する株式会社GINKAN(所在地:東京都新宿区、代表取締役 CEO:神谷知愛)は米国シリコンバレー発のグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターであるPlug and Play Japanが提供するベンチャー成長促進アクセラレータープログラムBatch 1のFintech部門に採択されたことを発表いたします。
【Plug and Play Japan について】

Plug and Play Japan(公式サイト:http://japan.plugandplaytechcenter.com)は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップをパートナー大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタルと成長促進アクセラレーターです。米国シリコンバレーで2006年の創業以来数多くのスタートアップをパートナー企業とサポートしてきました。

Plug and Play Japanはその日本支社として2017年7月に設立され、今年の6月から3ヶ月間の「IoT」「Fintech」「Insurtech」「Mobility」の4つのテーマを主軸としたアクセラレータープログラム”Batch 1”を開始し674社から53社が採択されました。
 

 

 

[ Plug and Play Japanのパートナー (2018年6月20日現在)

Plug and Play JapanのパートナーPlug and Play Japanのパートナー

”Batch 1”の詳細は、以下のPlug and Play Japanが配信したプレスリリースをご確認下さい。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000028153.html

[シンクロライフについて]

シンクロライフは断トツ旨い店が見つかるグルメSNS。SNS型ならではの”良質な体験の口コミ”を中心とした良質なレストランデータベースを持ち、ユーザー個々のレストランの好みやユーザー同士の相性を学習するAIが検索結果を最適化することで良質なレストランを最速で発見できるプラットフォームです。
グローバルなレストラン検索プラットフォームを目指すシンクロライフは、2017年7月にグローバル版の展開を開始し現在82ヶ国でユーザー登録、44ヶ国で口コミ投稿がスタートしています。

トークンエコノミーによりグローバルな自律分散型で成長するプラットフォームの実現を目指すべく、世界で初めて独自トークン(SynchroCoin)をレストランプラットフォームへ導入し、良質なレビュアーへの報酬やレストランでの食事代金からの還元リワードとしてトークンが流通し、価値を形成するプロジェクトへチャレンジしています。

今回の世界トップレベルのPlug and Play Japanのアクセラレータープログラム”Batch 1”への参加で、公式パートナーと連携し、暗号通貨トークンを活用したレストランへのO2Oサービスの実証実験(PoC)やマーケティング戦略などの強化を実現しグローバルな成長を目指します。

■ シンクロライフのアプリ
・iPhone: https://itunes.apple.com/app/id557532449
・Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife

■ シンクロライフについて
・公式プロジェクトサイト:https://synchrolife.org/
・ブロジェクトブログ:https://medium.com/@synchrocoin_jp
・Telegramコミュニティー: https://t.me/synchrocoin
・Twitter: https://twitter.com/synchrocoin
・Facebook: https://www.facebook.com/synchrocoin

■ 会社概要
・会社名:株式会社GINKAN
・所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿7丁目26-7 ビクセル新宿1F
・代表者:代表取締役 CEO 神谷知愛
・設立:2015年12月
・サイト:http://ginkan.jp