ひらかたパークも、大阪万博誘致を勝手に応援!2025年?だいぶ先やな。枚方万博 開催! 開催期間:2018年10月5日(金)~2019年3月3日(日)

京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:中野道夫)が経営する遊園地「ひらかたパーク」(所在地:大阪府枚方市枚方公園町)では、2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が期待されるなか、ひらパーならではの総力を結集した「枚方万博」を、2018年10月5日(金)~2019年3月3日(日)の期間で開催いたします。

「枚方万博」の開催期間中、ひらパーらしいユーモアのあふれる展示(パビリオン)の数々が園内に登場します。世界の都市をひらパーがジャックする空間、日常の中に潜むミイラを集めた展示、地球の未来のことを、ひらパーなりに考え抜いたゴミ箱など、ここでしか見られない、体験できないオリジナルのパビリオンが、園内に登場します。「世界規模のイベントをひらパー規模で開催したらこうなる!」という、心ばかりの展示を是非お楽しみください。

ひらパーの2018年度のテーマは、「どこいくねん。ひらパー」。「渋谷ひらパー」と題し、「ジャック下敷き」や超高速フォトスポット「シャッターチャンス」を実施した春シーズン。枚方にいながら、まるで西海岸にでもいるかのような気分で、充実したひとときを過ごしてほしいという思いで、SNS映え用エキストラ「瞬間フレンズ」を実施した夏シーズン。そして、来る秋・冬シーズン「枚方万博」も、さらに「どこいくねん。ひらパー」な企画となっておりますので、是非ご期待ください。

■枚方万博 概要
[開催期間]2018年10月5日(金)~2019年3月3日(日) ※期間中休園日あり
[開催時間]ひらかたパーク営業時間に準ずる
[開催場所]ひらかたパーク園内 各所
[参加料金]参加無料 ※別途入園料金が必要です

[展示パビリオン] ①ひらパー世界ジャック
渋谷だけじゃ物足りないひらパーが、ついに世界に進出!?世界の都市をひらパー一色に染める「世界ジャック体験」が出来る空間をつくりました。

②世界の神秘 ミイラ展
日常の中に潜むミイラを、ひらパー流に発掘・ひらパー流に展示しました。

③地球の未来を考え抜いたゴミ箱
地球の未来のことを諸々考えたゴミ箱(コンセプトモデル)を開発しました。

④未来の乗り物
あのリニアモーターカーがひらパーに!?ひらパー式の次世代の乗り物に乗れるチャンスです。

⑤園長の肩(万博ver)
ポスターの園長と同じく、万国旗のついた肩パッドで写真が撮れるスポットが登場します。