勝田耕司は、ランチェスター経営・竹田陽一氏が信頼をおく飲食店コンサルタント。 2,000店以上の開業にかかわり、飲食店向けWEB集客で1年で売上380%アップの事例をもつ。

飲食店WEB戦略8つの極意。無料公開!ムービー講座

この講座であなたが得られるものは・・・

  • あなたのお店の独自の魅力を発信する方法。
  • グルメサイトに頼らずにWEBで集客する方法。
  • 飲食店リピート集客に効く!LINE@の使い方。
  • FacebookやTwitterでお店の何を書いたら反応あがるか。
  • インスタグラムを飲食店で活用するときのポイント。
  • 飲食店の魅力を動画YouTubeでカンタンに配信する方法。
  • まだまだ使える!ブログ・メルマガ・ホームページの活用方法。
  • WEB戦略の極意を実践している飲食店8人の事例。

無料公開!ムービー講座を受け取るには、
ここから登録

無料公開!ムービー講座を受け取る

→プライバシーポリシーの内容に同意の上、お申し込みください。

【ホスピタソン通信】

もしあなたが無料日刊メールマガジン「ホスピタソン通信」など、株式会社ホスピタソンが配信するメールマガジンの購読者でないならラッキーです。この無料情報を請求すると、あなたは明日から毎日、あなたのビジネスを成長させるヒントを無料で受け取ることができるからです。もちろん、気に入らなければワンクリックで受信を解除することができます。現在、数千人の飲食店に関係している購読者が、毎日楽しみにメルマガを待っています。

ストーリー

1993年、勝田は業界No.1(当時)の酒類メーカーに入社。
飲食店向けの営業マンになった。

その後、しばらく、大阪・堺市で一生懸命働いたが、なかなか成果は上がらなかった。
つらい日々が続いた1996年、勝田はあるセミナーでランチェスター経営・竹田陽一氏のことを知った。

そのセミナーでは多くの「成功者」たちが話しをしたが、勝田は最後の講演者であった竹田陽一氏の話に衝撃を受け、その場で竹田陽一氏の著書「小さな会社No.1のルール」など3冊を買った。
そして、帰り道の電車の中で、むさぼるようにその本を読んだ。

勝田は早速、竹田陽一氏のランチェスター戦略を自分の営業に取り入れた。
するとそれは、驚異的な結果となった。

当時、飲食店は開業後3年で70%のお店が閉店しており、この飲食店との取引は、会社の不採算事業だった。そんな中、勝田の営業チームは、5年で3度の社長賞を獲得、雑誌やメディアに取り上げられることになっていた。

そして2010年、勝田はランチェスター戦略をもとに、多くの飲食店を繁盛させたいと決意して独立する。
その直後に、竹田陽一氏が地元に講演に来ることを知った。

そこで、彼は、竹田陽一氏にコンタクトを取った。

「純粋にお礼がしたいので、お食事をご一緒させてほしい。
決して、知恵を借りようと思っているわけじゃない。心からお礼がしたいだけなんです。」

竹田陽一氏から返事があった。

「もし、私と一緒に食事をして、私の知恵を借りたいなら、いくらでも貸そうじゃないか。」

そして勝田は食事の途中、自分の考えた集客サポートについて伝えた。
竹田陽一氏は、勝田にアドバイスをした。

「このノウハウを、多くの飲食店に教えるべきだ。」

そうしてつくられた、飲食店のWEB集客サポートのノウハウが、“飲食店WEB戦略の8つの極意。”に裏付けられた、『ハイブリッドWEBサポート』(Hybrid Web Support)である。

ハイブリッドWEBサポートのノウハウは、現在まで1000アカウント以上のサポート実績があり、中には、1年で売上380%アップの実績もうまれている。

勝田耕司写真

勝田耕司 KOJI KATSUTA
株式会社ホスピタソン代表

飲食企業と業務用企業向けの経営・営業コンサルティング、WEB・SNS集客マーケティングの分野で、1店舗の飲食店から400億円企業まで一定の評価をうける株式会社ホスピタソンの創業者。
総合酒類メーカーに17年間勤務し、東名阪で飲食店向けセールスを経験。ランチェスターの法則をベースに2,000店以上の飲食店へのコンサルティング営業で成果を続出し、150人の同期入社中最速で担当部長に就任。また、3度の社長賞や数々の表彰を受け、新聞、雑誌、TV、ラジオ、書籍の取材を受けた実績をもつ。
一方で、ビジネス心理学NLPのトレーナーライセンスを取得し、セールスの成果、メンバーの育成、組織変革の推進に活かした。
現在、多くのクライアントから「経営者の想いも、現場社員の気持ちも十分にくみとって成功や改革をサポートしてくれる数少ないコンサルタント」という評判を得ている。

竹田陽一氏との写真

右;ランチェスター経営・竹田陽一氏

無料公開!ムービー講座を受け取るには、
ここから登録

無料公開!ムービー講座を受け取る

→プライバシーポリシーの内容に同意の上、お申し込みください。

【ホスピタソン通信】

もしあなたが無料日刊メールマガジン「ホスピタソン通信」など、株式会社ホスピタソンが配信するメールマガジンの購読者でないならラッキーです。この無料情報を請求すると、あなたは明日から毎日、あなたのビジネスを成長させるヒントを無料で受け取ることができるからです。もちろん、気に入らなければワンクリックで受信を解除することができます。現在、数千人の飲食店に関係している購読者が、毎日楽しみにメルマガを待っています。

プライバシーポリシー
個人情報の定義

当サイトは、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。

クッキー・IPアドレス情報

クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。ただしこれら情報と個人情報が一体となって使用される場合にはこれら情報も個人情報とみなします。株式会社ホスピタソン及び資本提携するグループ企業が運営するメディアにおいては、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、クッキー及びIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示してまいります。また、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。クッキーを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。

個人情報利用目的の特定

当サイトは、個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的を出来る限り特定します。株式会社ホスピタソン及び資本提携するグループ企業が運営するメディア運営、商品案内及び販売、において利用されます。

個人情報利用の制限

当サイトは、あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

個人情報の適正な取得

当サイトは、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに収集しないよう留意します。

個人情報の取得に際する利用目的の通知

当サイトは、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。

個人情報利用目的の変更

当サイトは、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。

個人情報の安全管理・従業員の監督

当サイトは、個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、情報セキュリティ基本方針および情報セキュリティポリシーを掲げ、情報セキュリティ委員会を設置し、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。 当サイトは、従業員に個人情報を取り扱わせるにあたっては、個人情報の安全管理が図られるよう、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。

委託先の監督

当サイトは、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、当サイトが定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

第三者提供の制限

(1)当サイトは、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。

(2)ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。

(3)当サイトは、個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合、利用目的または管理責任者の氏名または名称が変更される場合は、変更する内容について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置きます。

個人情報に関する事項の公表等

当サイトは、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。

個人情報の開示

当サイトは、ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。

なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

個人情報の訂正等

当サイトは、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。

個人情報の利用停止等

当サイトは、ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

理由の説明

当サイトは、ご本人からの要求にもかかわらず、以下のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。