海外市場も凄い!タイのソーシャル事情

皆さま こんにちは。

タイの2015年のスマホの普及率は58%です。

そして4年以内には100%になると言われているのです。タイでもLINE@が利用されていくのは、すぐかもしれません。

 

モバイルの利用時間について

タイでのモバイルの1日のネット平均利用時間は4時間以上なので、日本の2倍です。そしてASEANの中で、最も利用時間が長いのがタイなのです。

そう考えると、タイでの市場をうまく活用することが出来れば、仕事の幅が広がることになります。

ネットを使って仕事をしている人は、タイでの市場についても、考えてみる必要があるかもしれないのです。

summerfield-336672_640

タイでのSNSについて

そしてFacebookを筆頭にして、SNSの利用率もバンコクでは、既に100%超えをしているというのですから、驚きです。タイでは24時間、リアル他無で情報に触れあえる環境が出来上がっていることになるのです。

そのような環境の中で、タイの現地企業がどうユーザーにアプローチをしているのかは、気になるところですよね。

 

これからのタイはどのようになっていくの?

国民の58%が1日平均4時間以上、スマホからアクセスをしているのが現状ですので、LINEやInstagramは圧倒的に利用率が高いです。

そしてFacebookとyoutubeも、ほぼスマホから利用されるタイに対して、タイ人の国民性やライフスタイルを理解した、リアル側とオンライン側の両方のソリューションを組むことにより、素晴らしい効果を生む可能性を秘めていることになるのです。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。